コンピュータの形態 の ワイヤーフレームに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ワイヤーフレーム

読み方、または別称:わいやーふれーむ

ワイヤーフレーム (wire frame) とは、3次元コンピュータグラフィックスでのレンダリング手法で、3次元のオブジェクトを線形状だけで表現する方法である。3DCGの開発当初から、3次元モデルを2次元の描画面に投影する最も基本的な手法がワイヤーフレームであった。その原理は、3次元座標を持つ複数の点を一定の順序で結んで立体的に描画するものである。
コンピュータの性能が向上する以前、リアルタイムにコンピュータグラフィックス(CG)を描画する場合に最も具体的なレンダリング手法がワイヤーフレームであり、かつてはCGといえば、ワイヤーフレームのことであった。
その後、線の分をピクセルに変換するアルゴリズムが考案され、さらに陰線消去や塗りつぶしを使い、より擬似的に面を表現する事で、さらに立体的なモデルを描画する事も可能になった。
一時期、テレビCMで多用された方法は、3次元ワイヤーフレーム図形を1コマ分ずつXYプロッタで描き、それをリスフィルムに焼付け、さらに透過光で映画フィルムに焼き付けるというものであった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る