データベース の ロールバックに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ロールバック

読み方、または別称:ろーるばっく

ロールバック(rollback)とは、データ更新等で障害が起こった時に、その前の状態に戻ることを指す。他に、後進復帰とも呼ばれる。データベースでは、更新処理の単位であるトランザクション処理を行う途中で何らかの障害が起きた時に、データの整合性がとれなくなる。
そのため、こういった場合には、データベースの更新前と後のデータ状態を記録したファイルであるジャーナルファイルを用い、トランザクション処理開始時点の状態に戻し、データの整合性を保つことになる。一方で、データが記録されているハードディスクに障害が起きた場合は、バックアップファイルジャーナルファイルを用いることになる。
これにより、ハードディスクの障害発生以前の状態まで復元することが可能になる。これを、ロールフォワードという。これは、障害が発生したディスクを、バックアップデータを書き込んだ新しいディスクに交換し、その後、ジャーナルファイルを用いてバックアップファイル以降に更新されたデータを更新することで、可能としている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る