メモリ の ロムに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ロム

読み方、または別称:ろむ

ロムはROMとも表記し、Read Only Memory(リードオンリーメモリ)の略で、記録されている情報を読み出し専用メモリである。したがって、ロムは記録されている内容を書き換えることができないが、全消去や、ブランク状態の媒体への書き込み・追記だけならば可能なものもある。
ロムは任意のアドレスに読み書きが可能なRAM(Random Access Memory:ランダムアクセスメモリ)としばしば対比されるが、メモリ内の書き込み禁止領域をROMと呼ぶこともある。また、基本的にマスクROMのことを指すが、読み出し専用・書き換え不可という性質と生産時に情報を記録しておくという性質があるため、ストレージ(補助記憶装置)もロムと表現するのが一般化してきている。
ロムの用途は広いが、BIOS・ファームウェアを記憶しCPUの主記憶装置として使用され、汎用のコンピュータではIPLやBIOSのようなプログラムやデータがROM上に置かれ、アプリケーションプログラムはRAM上で実行されるが、組み込み用途のコンピュータではシステムのプログラム全体をロム上に配置することもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る