情報科学 の ロジスティック回帰に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ロジスティック回帰

読み方、または別称:ろじすてぃっくかいき

ロジスティック回帰とは、統計回帰手段の一つであり、ベルヌーイ分布に基づいている。ロジスティック回帰はある確率を観測された変数で表すために使われる。他の回帰分析とは、独立変数が量的であり、従属変数が質的に違うと言う点で異なっている。ロジスティック回帰を行うと生起確率が出現する。機械の故障率などが生起確率として出現する。ロジスティック回帰を応用させると、給料から職業を考えることができたり、スペースシャトルにおいて、部品の故障が原因で事故が起こった場合で、部品の故障の原因が高温であったためだと言う仮説がある場合、その部品が故障をしたときの温度ではどれくらい故障が起きるかという確率を計算したりすることができる。
ロジスティック回帰を行うためにはソフトが必要になるが、一般店舗で購入をすると20万円を超えるソフトもあり非常に高価である。しかし、フリーソフトも存在していて、エクセルでもロジスティック回帰を行うことは可能である。フリーソフトの例として回帰分析REGRES5.1Aなどがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る