アルゴリズム の レーベンシュタイン距離に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

レーベンシュタイン距離

読み方、または別称:れーべんしゅたいんきょり

レーベンシュタイン距離(レーベンシュタインきょり)とは、情報理論において2つの文字列の異なっている程度を表す数値のことである。例えば、文字の挿入・削除・置換で1つの文字列を別の文字列に変形する場合に、必要とする手順の最小回数として与えられる。
スペルチェッカーなどにおいて、2つの文字列の程度の類似を決定する場合に有用となる。またさらなる応用として注目を浴びているのが、バイオインフォマティクス分野での活用である。これは、DNA配列同士の類似性を判断する際に追いようされており、DNAが挿入・欠失・置換によって変化していくことの反映である。
異なる生物種が持っている同様の遺伝子を同定したり、それらの距離を測ることで、種が分岐してから経過するまでの時間を推定するなどを実現している。求め方の例を挙げると、kittenをsittingに変形する場合、1.kitten、2.sitten(kをsに置換)、3.sittin(eをiに置換)、4.sitting(gを挿入し終了)の最低でも3回の手順を必要とする。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る