コンピュータの形態 の レンダリングエンジンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

レンダリングエンジン

読み方、または別称:れんだりんぐえんじん

レンダリングエンジン (rendering engine) とは、形式的なデータを読み込んで、データに付けられた条件や特定のルールにしたがって、適切な形に変換するソフトウェアで、レイアウトエンジン (layout engine)、ともレンダラ (renderer) とも呼ばれる。
HTMLレンダリングエンジンは、ウェブページの記述用言語で書かれたデータを解釈し、実際に画面に表示する文字や画像などの配置を自動的に計算するプログラムで、HTMLに加え、CSS、XULJavaScriptなどの言語も解釈できる。
なお、レンダリングエンジンはウェブブラウザの主要なエレメントとして開発されているものが多いが、インスタントメッセンジャーなどにも使われている。
主要なHTMLレンダリングエンジンは以下のとおりであるが、括弧内はそのエンジンを採用しているウェブブラウザである。すなわち、Trident (Internet Explorer)、Gecko (Firefox, Camino, SeaMonkey他)、KHTML (Konqueror)、WebKit (Safari, Google Chrome、シイラ、 OmniWeb他) 、Presto (Opera)などである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る