データベース の レプリケーションに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

レプリケーション

読み方、または別称:れぷりけーしょん

レプリケーション(Replication)とは、ソフトウェアやハードウェアの冗長なリソース間で、一貫性を保ちながら情報共有する処理を意味する。信頼性やフォールトトレラント性などを強化。「データレプリケーション」「計算レプリケーション」などがあり、前者は同データを複数の記憶装置に格納すること、後者は同計算タスクを何度も実行することをいう。
計算タスクの場合、異なる機器上で実行する場合は「空間的レプリケーション」となり、繰り返し実行すると「時間的レプリケーション」となる。レプリケーションは、本来は「複製」を意味する。データやサービスのレプリケーションでは、動的レプリケーションと静的レプリケーションに分けられる。
動的レプリケーションでは、同じ要求を全複製で処理し、静的レプリケーションでは1つの要求は1つの複製で処理する。また、それによる状態変化を、他の複製に転送することもある。レプリケーションにとって、古くからある概念が「分散システム」である。
このシステム重要視され、レプリケーションの対象がデータでも計算でも、目的は入ってくるイベントを処理するプロセス群を用意しなければいけない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る