アルゴリズム の レインボーテーブルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

レインボーテーブル

読み方、または別称:れいんぼーてーぶる

レインボーテーブル(rainbow table)とは、ハッシュから平文を得るためのテクニックのひとつで、特殊なテーブルを使って表引きを行うことで、時間と空間のトレードオフを実現している。
レインボーテーブルのもっとも単純な方法としては、例えば、ある平文Piとそれをハッシュ化したCiをテーブルに格納し、テーブルを逆引きすることでハッシュ値から対応する平文を得ることができる。
ただし、この方法は得られた平文とハッシュ値とのペアをすべて記憶しておかなければならない。よって、実現するには莫大な記憶領域が必要となる。このテクニックの発端は、“あるハッシュ値に対し総当たり攻撃を行った時の計算結果を、別のハッシュ値を攻撃する際に使えないかどうか”という点にある。
ちなみに、使用する記憶域の量を削減するために、平文とハッシュ値とのペアを「チェイン化」と呼ぶ。ハッシュ値から平文を得るには、ターゲットとなるハッシュ値を還元関数とハッシュ関数にかけていき、その都度Ci+m-1,Cj+m-1,Ck+m-1,…と比較すれば良い。マッチすれば、対応するPi,Pj,Pk,…からチェインを復元する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る