ワープロ の ルビに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ルビ

読み方、または別称:るび

ルビ(ruby)とは、文章内の任意の文字に対し、ふりがな・説明・異なる読み方などの役割を小さな文字で、縦書きの場合は文字の右上に、横書きの場合は文字の上側に表示される。ルビは、明治時代から日本の活版印刷用語として使われており、「ルビ活字」を使いフリガナ(日本語の場合)やピン音(中国語の場合)などを表示したものである。
日本で使われた5号活字にルビを振る場合、7号活字を用いていたが、イギリスから輸入された5.5ポイント活字の呼び名がruby(ルビー)であったことから、「ルビ活字」と呼ばれるようになった。明治期(19世紀後半)のイギリスでは、活字の大きさを宝石の名前をつけていた。
ルビが必要となる場合は、1.漢字に読みをつける場合(ひらがな)、2.人名や地名など一般的でない読み方をガイドする場合、3.漢字以外の任意文字・単語に対し、別の読み方を指定したい場合、4.外来語を翻訳した用語の場合の読み方、など。
その他にも、文書の対象年齢が低い場合などにも、ルビを施す場合がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る