RAM の リフレッシュに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

リフレッシュ

読み方、または別称:りふれっしゅ

リフレッシュ(refresh)とは、保持している情報の維持や更新を目的として行われる動作のことで、CRTディスプレイにおける走査の更新や、DRAMがコンデンサの電荷による記憶を維持するために行われる電荷の補充動作を指すことが多い。
ブラウン管の奥に備わった電子銃から発射される電子ビームの照射によって画面が表示されるCRTディスプレイでは、電子ビームは左上方から右方向へ、また一段下がって左から右へ、という順序で右下まで巡回し、一巡するとまた左上から走査をやり直す。この上書き動作をリフレッシュという。
コンピュータのメインメモリに使われているDRAMは自然に放電しており、放っておくと電荷がゼロになってデータが消失する。そのため一定時間毎に記憶保持のための再書き込みが必要になり、これをリフレッシュという。
リフレッシュが単位時間(1秒)あたりに行われる回数を示す値がリフレッシュレートと呼ばれ、どれだけの時間間隔をおいてリフレッシュが行われるのかを示す値はリフレッシュサイクルと呼ばれる。
リフレッシュを必要とするDRAMをメインメモリとして使用しているコンピュータでは、電源が供給されていないとメモリの記憶は消えてしまう。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る