eコマース の リバースオークションに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

リバースオークション

読み方、または別称:りばーすおーくしょん

リバースオークション(Reverse Auction)とは、売り手が買い手を決める通常のオークションではなく、逆に買い手が売り手を決めるオークションで、政府による物資やサービスの調達(Procurement)で行われる競争入札がこれに該当する。
通常のオークションでは売り手が商品を出し、多数の買い手がその商品に価格を提示して競り合い、最も高い価格を提示した者がその商品を購入する。
リバースオークションは、1995年にGlen Meakemが設立したFreeMarkets Inc.が企業間での交渉の手法として始めた。
具体的には、ある商品を買う者が売り手たちの間で価格入札を行わせて、その中で最も安い価格を提示した者から購入を決定する。その意味では、例えばある電化製品を購入しようとする時に、いくつかの店を回って、他店の販売価格を提示しながら値引き競争を行わせることも一種のリバースオークションと言える。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る