組込/リアルタイム の リアルタイムオペレーティングシステムに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

リアルタイムオペレーティングシステム

読み方、または別称:りあるたいむおぺれーてぃんぐしすてむ

リアルタイムオペレーティングシステム(Real-time operating system)とは、リアルタイムシステムのアプリケーションのために開発されたOSである。OSの本質である資源管理のうち、時間資源の保護や実行時間の予測可能性を提供することに特化している。
実行コンテキストを保持するオブジェクトと、タスク間の同期通信機構を提供している。リアルタイムオペレーティングシステムは、要求される一般的な指標の一例として、「ユーザアプリケーションから待ちが発生しないサービスコールを呼び出した場合、要する最悪値」「ハードウェア割り込みが発生してから、処理ルーチンを呼び出すまでの最悪値」「高優先度のタスクが確実に実行されることを保証したスケジューリングの規則」などが挙げられる。どれも、時間制約を守ることを最優先されている。
また、リアルタイムオペレーティングシステムの設計方針は、“イベント駆動型設計”と“タイムシェアリング型設計”の大きく2種類に分けられる。後者では、必要以上に頻繁にタスクを切り替えるが、予測しやすいマルチタスク環境を提供することでユーザーがマシンを単独使用していると思わせやすくなる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る