大規模システム の ラックマウントサーバに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ラックマウントサーバ

読み方、または別称:らっくまうんとさーば

ラックマウントサーバは、データセンターなどに設置されている収納専用ラックに設置されているサーバのことで、通常はラックサーバと呼ばれる。
呼称について補足すると大きさを表すのにU(ユニット)を使うため、1Uサーバなどの呼び方もあり、また宅配ピザの箱の形に似ているのでピザボックスサーバと呼ばれることもある。
ラックマウントサーバのラックはJISおよびEIAでサイズが規定されており、高さ約45mm×幅約19インチ×奥行き約540mmとなっているため、マウントラックは19インチラックと呼ばれる。
なお、19インチラックとはラックサーバを効率的に設置できる形状の収納ラックで、コンピュータを設置することを目的に設計されている。したがってラック内の冷却性も耐震性も高く、電源供給とネットワーク接続も完備されている。ただし、実際にはラックに目一杯にサーバを設置すると、電源のブレーカーが落ちることがあり、熱でサーバを破損させてしまうことがあるためサーバの設置にはスペース的に余裕を持たせなければならない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る