種類 の ユーティリティソフトに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ユーティリティソフト

読み方、または別称:ゆーてぃりてぃそふと

ユーティリティソフトとは、コンピュータ上で機能する補助的機能を提供するソフトウェアのことで、正しくはユーティリティソフトウェアと呼ぶ。ツールソフトウェアともいい、ユーティリティと略して呼ぶ場合もある。
補助的にさまざまな機能を提供することで、コンピュータの利便性を向上させ、WindowsやMac OS Xなどのオペレーティングシステムにも標準搭載している。フリーウェアやシェアウェア、市販ソフトウェアなとに置換し活用している人も多い。
一方で、ユーティリティソフトに対し「アプリケーションソフトウェア」と呼ぶ場合もある。また、マルチタスク環境で多くのユーティリティソフトを組み合わせて使う場合、機能面や内部処理で競合が発生するなどして、コンピュータの安定性が損なわれてしまう場合がある。
ユーティリティソフトには、さまざまな種類があり、時計ソフトウェア・コンペア・バイナリエディタ・アーカイバ・コンバーター・ファイル管理ソフト・ベンチマークソフトなどが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る