グラフィックス の モアレに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

モアレ

読み方、または別称:もあれ

モアレとは、規則正しい模様を繰り返し重ねた際に視覚的に生じる縞模様のこ と。モアレ縞、干渉縞とも呼ばれる。仏語で波紋という意味のmoire(モワー ル)からそのまま「モアレ」と呼ばれるようになった。
画素が相互的に干渉し合って周期的なパターンを発生させている。デジタル画 像や印刷物などで見られる現象。画像では、画素の解像度と繰り返される模様 の周波数のずれによって縞模様が発生する。印刷の場合もドットである網点で 画像を表しているため、同じ現象が起こる。
イメージとしては、その空間に存在する周波数がぶつかり、新たな波が発生し ているような状況である。たいていは意図せず出てしまったモアレを取り除こ うとする場合が多いが、逆にモアレを表現に利用する場合もある。モアレを防 ぐための方法によく使われているのが、角度を変えることである。例えばスキ ャンをするときに原稿を45度傾ける、印刷の場合は色ごとの網点の角度を変え る、などが対策として知られている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る