アルゴリズム の メルセンヌ・ツイスタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

メルセンヌ・ツイスタ

読み方、または別称:めるせんぬついすた

メルセンヌ・ツイスタ(Mersenne twister、略してMT)は、に松本眞氏と西村拓士氏が共同で開発した画期的な擬似乱数生成器である。
なお、擬似乱数(pseudorandom numbers)とは、一見すると乱数に見えるが、実は確定的な計算で求めている数列に含まれる数のことである。
メルセンヌ・ツイスタは、既存の乱数生成アルゴリズムを改良したもので、高品質の乱数を極めて高速で生成できるように設計されている。 2007年1月31日、松本眞氏らによって改良版SFMTが発表され、現在、インターネットの公式ウェブサイト上からダウンロードができる。
このアルゴリズムにはバージョンが二つあるが、一般に広く使われているメルセンヌ・ツイスタはMT19937である。特徴は、219937-1 という長い周期と、高次元(623次元)に均等分布することなどで、最近の例外を除けば、あらゆる擬似乱数生成法の中で生成がもっとも速かった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る