暗号/ハッシュ の メッセージダイジェストに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

メッセージダイジェスト

読み方、または別称:めっせーじだいじぇすと

メッセージダイジェストとは、暗号学的ハッシュ関数の別名である。任意長のデータロックを入力し、固定長ビット列のハッシュ値を返す。ハッシュ値は、偶然あるいは意図的なデータの改竄で変化し、符号化されたデータは「メッセージ」と呼ばれる。
メッセージダイジェストと呼ばれるのも、その為である。他にも、単に「ダイジェスト」と呼ぶ場合もある。理想的なメッセージダイジェストは、「与えられたメッセージにハッシュ値を容易に計算できる」「ハッシュ値から元のメッセージを得ることが事実上不可能」「ハッシュ値を変えずメッセージを改竄することが事実上不可能」「同じハッシュ値を持つ2つのメッセージを求めることは事実上不可能」これら4つの特性を有している。
情報セキリュティの分野で使われることが多く、特にデジタル署名やメッセージ認証符号、その他の認証技術で使われている。また、通常のメッセージダイジェストとしても利用でき、ハッシュテーブルのインデックスやフィンガープリント、重複データの検出などの用途がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る