携帯電話用語辞典 の マルチパスに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

マルチパス

読み方、または別称:まるちぱす

マルチパス(multipath)とは、基地局から送信された電波が、基地局から端末がある場所まで最短距離の直線をいく直接波のほかに、目的地で受信されるまでに、建物や地形などの障害により跳ね返ったりして電場が複数の経路をたどる現象のことである。
つまり、障害物によって電波に反射波や透過波、回折波などが発生し、端末に直接波以外にも、複数の経路から同じ電波を受信してしまうこと。マルチパスは多重波伝送路、または遅延波とも訳される。
反射波の多くは、高層ビルなどの建造物によって発生する。マルチパスが発生して、端末が複数の経路からの電波を受信してしまうと、受信した電波の波形に位相のずれが生じるため、電波にノイズが発生したり、符号の復号ができなくなってしまうこともある。
携帯電話の場合、マルチパスが発生すると、相手の話す声にこだまが起こっているような状態になり、テレビ放送の場合は、画面上の映像が重なり合って表示される「ゴースト」現象が発生する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る