CD の マルチセッションに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

マルチセッション

読み方、または別称:まるちせっしょん

マルチセッション(Multiple session)とは、CDにおいて、複数のセッションが存在していることである。セッションとは、CDにおいて、リードインからリードアウトへ流れる一連のデータのことで、CD EXTRAや、追記したCD-Rにはこれが複数存在するものである。
マルチセッション形式を用いて書き込みを行うために必要なことは、CD-Rドライブが、TAO方式、すなわち「トラック」と呼ばれる単位で、一度書き込みを行った後であってもデータの書き込みを行える方式であるトラックアットワンス方式による書き込みを、サポートしていることである。
しかし、古いタイプのCD-ROMドライブやオーディオ機器では、このようなサポートがなく、マルチセッションに対応していない場合がある。そのため、これらのような機器では最初のセッションのみ、読み出すことが可能となる。
セッションの追記は、容量の範囲内で最大99セッションまでである。なお、ディスク全体に、まとめたデータを一度に書きこむ方式を、DAO方式、すなわちディスクアットワンス方式においては、追記が不可能であるため、マルチセッションには対応できていない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る