開発環境 の マシン語に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

マシン語

読み方、または別称:ましんご

マシン語とは、バイナリをプロセッサが直接理解し実行を可能とするものとし、プログラミング言語として扱う際の呼称である。他に、機械語とも呼ぶ。処理を行うプロセッサは、マシン語で書かれたプログラムを主記憶装置から読み取り、解析、実行、出力を行うため、プログラミング言語で書かれたプログラムは全て、最終的にマシン語で実行される。
一方、人が直接、読み書きする場合に利用するものは、バイナリエディタなどで二進法や十六進法表現である。場合によっては、ワード長が3の倍数であれば八進法、十進法式のコンピュータであれば十進法を利用することもある。
マシン語を人の手によって書くことを指して、ハンドアセンブルという。一方、マシン語でのプログラミングには、一般的にニーモニックを用いたアセンブリ言語が使われる。ニーモニックとは、マシン語とほぼ1対1に対応するものである。
しかし、現在においては、マシン語を直接扱う機会は限られてきている。例としては、コンパイラの対応がなされていない新機能などを使用する場合や、アセンブラを作成する場合、もしくはバグが生じたりコアダンプの解析を行う場合などが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る