マウス の マウスポインタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

マウスポインタ

読み方、または別称:まうすぽいんた

マウスポインタとは、GUI環境において操作対象を示すため表示される小さなカーソルのことでありマウスで操作されるものをいう。多くのGUIでは状況に応じてマウスポインタが変化する。例えば、グラフィックソフトウェアでは選択した機能に応じて、ブラシ、鉛筆、バケツなどの形をとる。
ウィンドウの端や角にきたときは、両矢印の形になりウィンドウのサイズが変更可能であることを指し示す。プロセスが処理を行っていてユーザの入力を受け付けない時は待ちカーソルになる。Windowsでは砂時計で、Mac OS Xでは虹色をしている。
ハイパーリンクに重なった時は人差し指を突き出した形になる。ふきだしの形でツールチップが表示されることが多い。カーソルが指す対象にヘルプが存在する時は疑問符が出る。こういったアクションは個別に設定が可能なので、任意の図形にすることも可能で、最近では個性豊かな設定をするユーザーも多い。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る