情報科学 の ポーランド記法に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ポーランド記法

読み方、または別称:ぽーらんどきほう

ポーランド記法(Polish Notation)は、数式やプログラムを書くための記法の一つで、演算子であるオペレータを被演算子であるオペランドの前、つまり左側に記述するので、前置記法(prefix notation)とも言われる。
なお、その他の記法には演算子を被演算子の中間に書く中置記法や、後(つまり右側)に書く後置記法である逆ポーランド記法がある。
因みにポーランド記法と言う名称は、ポーランドの論理学者であるヤン・ウカシェヴィチ (Jan _ukasiewicz) が考え出したので命名された。
コンピュータへの応用としてのポーランド記法では、演算子がまるで関数適用と同じような形態をとることである。これを利用したのがLISPで、LISPでは、たとえば + も cons などと同じ関数の名前に過ぎず、したがって、関数と同じように実引数リストの前に置く。例えば、C++の演算子のオーバーロードのために、operator+ のような特別な構文を使うのとは対照的な例である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る