プリンタ の ポストスクリプトに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ポストスクリプト

読み方、または別称:ぽすとすくりぷと

ポストスクリプト(PostScript)とは、1984年に発表したページ記述言語のことである。開発は、アドビシステムズ。スタッフ指向型プログラミング言語で、さまざまな計算や処理とともに、描画命令を実行することが可能である。また、事前にデータをスタックに格納し、命令がデータを処理するというモデルで実行される。
この記述法が逆ポーランド記法で一貫しており、「追伸」の英語「post cript」に後置記法といった意味をかけている。Forth(フォース)とは同じスタック指向であることから、繋がりを考えられることも多々あるが、いろんな面でまったく違うと言われている。
しかし、僅かながら影響は受けており、ほとんどはたあの偶然であると言われている。バージョンは、1985年に初期のPostScript Level 1をリリース。1990年代には、日本語やカラー化対応のPostScript Level 2とPDF形式対応のPostScript 3がリリースされている。
ほとんどのレーザープリンターに実装されており、「PSプリンター」と呼ばれMacintoshの標準プリンターであり、Windowsでも利用されている。しかしアドビシステムズへのライセンス料が高く、専らDTP用途に限られている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る