公衆回線網 の ポケットベルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ポケットベル

読み方、または別称:ぽけっとべる

ポケットベルとは、電波を使って小型受信機(通信機器)に合図を送るシステムのことで、特定の手順によって行われる。主に相手と連絡を取りたい時に使われることが多く、別名「無線呼び出し」(むせんよびだし)と呼ばれている。
ポケットベルを略してポケベルと呼ぶことが多い。英語では、pager(ページャー)またはbeeper(ビーパー)。台湾ではBBCALLと呼ばれている。
ポケットベルには、電気通信事業者による電気通信サービス(公衆無線呼び出し)と、特定の工場やビル内などを対象に設置されたものがあり、警察無線や消防無線の受令機も広い意味で無線呼び出し(ポケットベル)と呼ぶ。
ちなみにこちらは、無線電話の音声を受信でき、全対象者に命令の一斉伝達や特定の相手を名指しし、簡単に伝言することが可能である。2008年10月1日の時点では、このサービスを提供しているのはYOZAN傘下のと東京テレメッセージと沖縄テレメッセージの2社だけである。
携帯電話機の買い切り制が導入され、携帯電話の新規参入第二弾のデジタルホン(現:ソフトバンクモバイル)とツーカー両グループが事業を開始したことから、ポケットベルの存在は徐々に衰退し、消滅した。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る