コンピュータの形態 の ポイントに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ポイント

読み方、または別称:ぽいんと

ポイントは、出版で使用される単位で、文字のサイズや余白の幅などにおける構成要素の長さを指し、「pt」もしくは「ポ」と略記されることがある。ポイントの定義はいくつかあるが、現在は DTP アプリケーションで使用されている DTPポイントが一般的となっている。
DTPポイントは1 pt = 1/72 in. (= 25.4/72 mm = 0.352 777 7... mm) とされているが、1981年(昭和56年)にゼロックス社が発売した世界初のビットマップディスプレイを装備したXerox Star(ゼロックス・スター)で採用され、以後 DTP アプリケーション等で標準となった。
なお、日本の活字は号数制が基本であるが、ポイント活字も使われた時期があり、そのときは、1 pt ≒ 0.351 4 mm が用いられた。アメリカで活字のサイズが統一されたのは、アメリカン・ポイント (American point)で1886年にジョンソン・パイカ (Johnson pica) を共通的に使用することが確認されてからである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る