コンピュータの形態 の ホワイトバランスに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ホワイトバランス

読み方、または別称:ほわいとばらんす

ホワイトバランス(White Balance、Color Balance)とは、カメラにおいて色温度の光源のもとで白色を正確に映し出す機能のことである。ホワイトバランスがとれていない写真は、カメラで撮影した時に不自然な色に写る場合がある。例えば、蛍光灯に照らされた被写体を撮影したとする。
この時、ほとんどが色がかかって写ってしまうことがあり、写真の写りが悪く見えてしまう。この時、ホワイトバランスで補正することで、白色を正確に白く映し出し、綺麗な写真へと仕上がる。
写真のフィルムカメラには、日中の太陽光の色温度に合わせて作られているため、人工的な色に仕上がったり、太陽光でも雲天時や早朝においても、色温度が変化し正確な色が出なくなっている。
カメラで撮影した時と実物が違って見えるのは、このためである。フィルムカメラで厳密に撮影する場合は、カラーメータで色温度を測定し、それに適した色補正用フィルターを装着するか、特殊なフィルムを用いる必要がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る