色の表現 の ホログラフィーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ホログラフィー

読み方、または別称:ほろぐらふぃー

ホログラフィー(Holography)は ホログラムの製造技術のことで、ホログラフィーは情報の記録にも利用することができる。なお、ホログラムとは 3次元像を記録した写真のことである。
ホログラフィーは1947年にハンガリーの物理学者であるガーボル・デーネシュの発明した技術であるが、デーネシュは1971年にノーベル物理学賞を受賞しており、この発明に関する特許権も保有していた。
ログラムにはいくつかの種類があり、最も初期のホログラムは透過型ホログラムと呼ばれ、レーザー光をホログラムの裏側から照射しないと見ることができなかった。その後、改良が進められ、表側に白色光当てることで目に見えるレインボーホログラムが作られるようになったが、これは現在のクレジットカードや紙幣に使われるホログラムで偽造防止に利用されている。
ただし、レインボーホログラムは金属箔で反射された光がイメージを再生するが、レインボーの名の通り、目にするイメージは虹のようにさまざまな色の縞模様になってしまう。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る