パソコン用語辞典 の ホットプラグに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ホットプラグ

読み方、または別称:ほっとぷらぐ

ホットプラグ(hot plug)は、コンピュータの電源を入れた状態で、スキャナーなどの周辺機器の着脱ができる機能のことで、plugを動詞として使う時(plugging)はその着脱行為を指す。
ホットプラグの機能はパソコンの周辺機器であるUSBやIEEE 1394、サーバ機のRAID構成HDD、PCIボードやPCカード等にも組み込まれている。
連続稼動を必要とする大型コンピュータでは、ハードディスクなどの機器はホットプラグが多重化されて装備されており、障害が発生した時にはシステムが稼働状態で外部装置の入れ替えができるように設計されている。
ホットプラグが装備されていない起動中のコンピュータにハードウェアデバイスを接続する場合、接続後に再起動が必要であるが、この機能が内蔵されていれば、ハードウェアデバイスを接続すると、起動中のコンピュータがそれを即座に認識し、使用可能な状態になる。
ただしホットプラグが正常に動作するのには、デバイスやインターフェース、BIOSやデバイスドライバー、OSの全てがホットプラグに対応していなければならない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る