パソコン用語辞典 の ホットスワップに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ホットスワップ

読み方、または別称:ほっとすわっぷ

ホットスワップ(Hot swap)とは、日本語で活線挿抜(かっせんそうばつ)、活性挿抜と表記される。電源を投入したまま脱着できる構造を備えた機器の仕組みのことである。従来、新たにハードウェアデバイスを接続する場合、接続後にリブート(再起動)しなければコンピュータに認識されなかったが、ホットスワップによって即座に認識し、使用可能な状態にしてくれるようになった。
本来は無停止コンピュータなどのために開発された技術だが、パーソナルコンピュータの周辺機器を接続する際に用いられるUSBやIEEE 1394、シリアルATA、サーバ機のRAID構成ストレージなどにも実装されている。
ホットスワップが正常に動作するためには、デバイス・インターフェース・BIOSなどのすべてがホットプラグに対応していなければならない。
またOSが稼働しているストレージ(システムパーティション)は、ホットフラグができず、OS稼働停止になる場合がほとんどである。ちなみにシリアルATAには、ホットスワップに対応しているインターフェース、電源ケーブルが必須となり、OS側との調整にはサードパーティ製ソフトウェアが必要になる場合がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る