システム開発 の ベータ版に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ベータ版

読み方、または別称:べーたばん

ベータ版(beta version、またはβ版)とは、ソフトウェアの開発途上版のことで、正式版をリリースする前に性能や機能、使い勝手などを関係者や重要顧客、またはユーザに評価してもらうためのサンプルのソフトウェアである。
ベータ版は他の開発途上版と比べてプログラムの誤りをほぼ解消しており、正式版の機能を一通り備えた完成品に近い状態だが、完全にバグが取り除かれているわけではないため、システムに影響を与えることがあり、扱いには注意が必要な場合がある。また、一定期間が過ぎると使えなくなるベータ版もある。
ベータ版は、大きく分けて開発者の知り合いや前バージョンのユーザ、公募などでユーザ数を限って試用に協力してもらうクローズドベータと、一般向けにベータ版を公開し、試用に協力してもらうオープンベータとに分けられる。
正式版リリースまでの流れは、クローズドベータで大まかにバグを修正したあと、オープンベータに移行し、その後、テストや改良が行われ、正式版として公開される。またはリリース候補版(RC版)として、更に性能検証等が行われることがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る