認証 の ベーシック認証に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ベーシック認証

読み方、または別称:べーしっくにんしょう

ベーシック認証とは、HTTPで定義される認証方法のひとつである。HTTPとは、WebブラウザWebサーバの間でHTMLなどのコンテンツの送受信に使われる通信プロトコルである。
ベーシック認証ではユーザ名とパスワードの組みをコロンで繋ぎ、Base64エンコードして送信する。盗聴や改ざんが簡単にできてしまうことが欠点であるが、ほぼすべてのWebサーバブラウザに対応しているため広く使われている。
典型的なベーシック認証におけるクライアントとサーバの間の通信を簡単に書けば、まず、クライアント認証に必要なページをリクエストする。ユーザ名とパスワードは送らない。次にサーバは401レスポンスコードを返し、認証領域や認証方式に関する情報をクライアントにおくる。そして、クライアントはその後、ユーザに認証領域を提示してユーザ名とパスワードの入力を求める。ユーザによりユーザ名とパスワードが入力されると、クライアントはリクエストに認証ヘッダを追加して再送信する。最後に認証に成功するとサーバは認証の必要なページのリクエストを処理する。
盗聴や改ざんを防ぐためDigest認証という認証方法が考え出され、使われ始めている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る