情報科学 の ベイジアンフィルタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ベイジアンフィルタ

読み方、または別称:ぺいじあんふぃるた

ベイジアンフィルタ(Bayesian Filter)は単純ベイズ分類器を応用して対象のデータを解析かつ学習し分類するフィルタで、学習量が増えるとフィルタの分類精度が高くなる特徴がある。なお、個々の判定を間違えた場合には、基本的にはユーザが正しい内容に判定し直して再学習を行う。
現状ではスパムメールを振り分ける機能を持つフィルタリングソフトとして位置づけられており、スパムフィルターでのスパム判定に利用されることが多い。
また、最近はWeblogのトラックバック用フィルタにも利用されるようになるなど、その利用範囲は徐々にではあるが広がりの傾向を見せている。
すなわち、ベイジアンフィルタは、初期状態である程度までの振り分けができるように設定されていて、振り分け対象となるデータの学習量が増えると分類精度が高くなるといった特徴を持つが、対象データの内容をフィルタが自動的に分類するため、ユーザが煩雑なキーワード指定を行う必要はない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る