ITS/テレマティクス の ヘッドアップディスプレイに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ヘッドアップディスプレイ

読み方、または別称:へっどあっぷでぃすぷれい

ヘッドアップディスプレイ(Head-Up Display、略してHUDで「ハッド」)は、人間の可視範囲に別の可視情報を映し出す手段で、この技術は軍事航空分野で開発され、さまざまな分野で実験的に応用されている。
ヘッドアップディスプレイは、大きくて透明であり、可視情報はヘッドアップディスプレイ利用者の通常の視界と重なって表示される。
また、可視情報は無限遠の点で結像するので、コンマ数秒程度は必要な生理的な焦点の合わせ直しが、ヘッドアップディスプレイ利用者に見えている箇所から映像に視点を切り替える際に生じない。
ヘッドアップディスプレイの投影装置は当初はブラウン管(CRT)であったが、最近では液晶ディスプレイ(LCD)、反射型液晶パネル(LCOS)、ホログラフィック光学素子等の小型ディスプレイの技術が導入されている。因みに、ヘッドアップディスプレイは当初は戦闘機に導入され、後に軍用ヘリコプターなどにも導入されるようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る