コーディング の プロシージャに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

プロシージャ

読み方、または別称:ぷろしーじゃ

プロシージャ(procedure)とは、プログラミング言語においてプログラム内で繰り返し出現する処理を行うために、一連の命令を1つの手順としてまとめたものである。日本語で「手続き」と訳されプログラム内部での処理単位の1つとして扱われる。
ログラム中に繰り返して現れる処理をプロシージャとしてまとめておけば、再利用性が高まり、何度も同じ処理を記述する必要がなくなるため、手間が軽減されて修正も容易になる。
プロシージャでも、データベースに対する一連の処理手順を1つのプログラムにまとめ、かつデータベース管理システムに保存したものをストアドプロシージャ(stored procedure)という。
ストアドプロシージャでは、通常のようにSQL文を1つずつ送るのに比べて、ネットワークのトラフィックを削減できるほか、作成されたストアドプロシージャはすぐに実行できる形式に変換されてデータベースサーバに保存されるため、クライアントから呼び出し命令を送信するだけで処理が実行できる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る