情報科学 の プログラミング作法に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

プログラミング作法

読み方、または別称:ぷろみんぐぎほう

プログラミング作法(プログラミングさほう、)の英語はProgramming styleで、プログラムのソースコードを書く際に必要かつ基本的な規則やガイドラインなどを言う。
すなわち、特定のプログラミング作法に従ってソースコードを書くことで、コードを読んで理解するのが容易になり、間違う可能性を減らすことができると言う考え方である。
この分野では、古く1970年代のプログラム書法(The Elements of Programming Style)があり、これに従った例として、当時の主流のFORTRAN言語がある。
好ましいプログラミング作法の要素は何であるかを明確に定めるのは難しいが、ほとんど全てのプログラミング作法で共通する要素は、字下げを含むレイアウトや演算子やキーワードの前と後のブランクスペース、キーワードと変数名の区別の明確化やユーザ定義識別子のスペリング、コメント、さらにプログラミング構文の使用法や使用禁止などである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る