情報の表現用語辞典 の プリミティブ型に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

プリミティブ型

読み方、または別称:ぷりみてぃぶがた

プリミティブ型とは、プログラミング言語を格納するための最も基礎的なデータのことである。宣言した変数に対して指定した値を収める事ができる。プリミティブ型には、byte型、short型、int型、long型、char型、float型、double型、boolean型の8種類が存在している。形の違いは収める事のできる整数の差である。byte型は128ほどの整数値が格納できるのに対し、long型は、10の18乗倍byte型に比べて収める事ができる。整数値を収めるのがbyte型、short型、int型、long型、であるのに対し、浮動小数点を収めるのがfloat型、double型である。double型の方がfloat型よりもたくさんの桁を収める事ができる。やや特殊なのがchar型と、boolean型である。char型は、整数値を収めるものであるが、符号を持たず0から65535までの範囲で整数値をおさめる。Boolean型は論理型であり、trueとfalseの2種類に分けて格納する。
あるプリミティブ型を他のプリミティブに移したい場合はキャストを行う必要がある。クラス等を指し示すプリミティブ型と異なる変数を参照型と呼ぶ。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る