技術 の ブートセクタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ブートセクタ

読み方、または別称:ぶーとせくた

ブートセクタ(boot sector)とは、ハードディスクドライブなどの補助記憶装置上において、アクセスされると最初に読み込まれる部分のことである。セクタとは補助記憶装置上の最小単位のこと。
ブートセクタには、パソコンに接続された機器を制御するシステムのBIOSから制御を受け取り、次に起動するプログラムを呼び出す働きをするプログラムが書き込まれている。
パソコンの電源を入れると、まずマザーボードのBIOSが起動し、BIOSに設定されている順番で、各種接続デバイスが読み込まれる。そしてハードハードディスクがアクセスされたとき、最初の1セクタであるマスターブートレコード(MBR)という領域からプログラムが読み込まれる。
そしてMBRの指示に従って起動するパーテーションのブートセクタが読み込まれてOSが起動する。なお、パーテーションがある場合はパーティションブートレコード(PBR)が第一セクタになる。ブートセクという名称は、PC/AT互換機にて使用され、それ以外のコンピュータではブートブロックと呼ぶことが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る