Windows用語辞典 の ブルースクリーンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ブルースクリーン

読み方、または別称:ぶるーすくりーん

ブルースクリーンとは、Windowsのシステムでエラーが生じたときに表示されることを言う。エラーといっても、システムが落ちてしまうような重大なときのことで、青い画面に白い文字でメッセージが出る。この時の対処としては、強制終了をして再起動をすることで、システムが回復することは多いが、直前まで行なっていた編集内容はなくなってしまう。
この対策としては、システムダウンは突然やってくることを想定の上、まめに更新をすることで、編集内容の喪失はある程度軽減できる。これは、現在行なっているアプリケーションだけが画面上では終了するのだが、被害はそれ以上広がることを意味する。
コンピュータを使用しているときにブルースクリーンが出た場合は、速やかにメッセージに従うこと、対策をすぐに行うことが懸命である。ブルースクリーンのすぐあとのシステムが多少不安定になる事もあり、一応の点検をしてみることが大切である。原因については、これという特定は難しい。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る