スパコン/グリッド の ブルージーンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ブルージーン

読み方、または別称:ぶるーじーん

ブルージーン(英語ではBlue Gene)はIBMのスーパーコンピュータプロジェクト名で、FLOPS ペタフロップスの演算速度を目標とするものである。
ブルージーンプロジェクトの最初のコンピュータはBlue Gene/Lで、開発費用がかなりの金額になったことと、ローレンス・リバモア国立研究所との共同開発であることで知られている。
なお、この当時の性能目標を日本製の旧地球シミュレーターと比較すると、約10倍の速さとなっている。このプロジェクトは現在も進行しており、2012年には「Blue Gene/Q」というスーパーコンピューターを開発するとしている。
プロジェクト以前のスーパーコンピュータでは、単体で使用できる高性能プロセッサをたくさん搭載するという方法で性能アップが図られていた。その一方でブルージーンプロジェクトでは、性能面ではそれほど高くないプロセッサを数十万個以上搭載し、並列実行するプログラム数を極端に増やして高い性能を得る設計が採用された。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る