ITと社会用語辞典 の フールプルーフに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

フールプルーフ

読み方、または別称:ふーるぷるーふ

フールプルーフ(fool proof)とは、信頼性設計(しんらいせいせっけい)のひとつである。信頼性設計とは、工学分野においてシステム・装置・部品が使用開始から寿命を迎えるまでの期間を通し、予め期待した機能を果たせるよう故障や性能の劣化を防ぐ設計の手法のことである。
フールプルーフは、その中でも間違った操作方法でも事故が起こらないようにする安全設計のことで、例えば、電池ボックスや電子レンジなど、正しい向きでしか入らないものなどは、フールプルーフ設計になる。
フールプルーフは、直訳すると“愚か者にも耐える”だが、その思想の根底には、“人間はミスをするもの”“人間の注意力はあてにならない”という前提があり、安全設計における基本的かつ重要な概念になる。
類似の意味として、機械が故障した際の安全装置、安全システムを付加したフールセーフティ(FoolishSafty)がある。工場などの生産ラインを主題とした文脈では、こういったフールプルーフの仕組みをポカヨケと呼ぶ。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る