システム開発 の フローチャートに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

フローチャート

読み方、または別称:ふろーちゃーと

フローチャート(flow chartと)は流れ作業図のことで、工程表とも呼ばれるが、工程解析をする場合に用いられる。フローチャートはプログラミング言語の教育では処理の理解のために用いられることがあり、事務処理では、提出資料の様式として用いられることがある。
なお、フローチャートは一見すると英語のようであるが、純然たる和製英語であり、国外では通用しないので注意を要する。各工程を示すパーツは "JIS X 0121:1986"「情報処理用流れ図・プログラム網図・システム資源図記号」で規格化されていて、形や流れる方向などが統一化されている。
問題解決でフローチャートを作成する目的は、問題解決の方法を視覚的に表すことや、処理の手順を目で追いやすく、手順に問題がある時にはそれを発見し修正が容易になること、さらには問題解決を複数人数で行う場合、担当の明確化ができることなどである。
なお、フローチャートにはNOMA方式、日能式、産能大式などがあるが、このうちのどの形式を使うかはケースバイケースである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る