家電/AV機器 の フルハイビジョンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

フルハイビジョン

読み方、または別称:ふるはいびじょん

フルハイビジョンはハイビジョンの一種である。フルハイビジョンとハイビジョンの違いは、ハイビジョンは有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送の事をいう。ハイビジョンの正式名称は、高精細度テレビジョン放送である。英語では、High Definition Televisionである。
フルハイビジョンは現在のハイビジョンテレビ放送と、ハイビジョン放送に対応した機器による最上位映像規格を保持していること表し、他の規格とは違うということを表すためにつけられた名称である。他にも呼び名があるが統一されていない。
ハイビジョンコンテンツの規格は1280×720と、1440×1080、1920×1080の3種類がある。このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで楽しむことができるのがフルハイビジョンである。一般にフルハイビジョンと書かれている場合は1920×1080の規格である。解像度パネルの解像度が高くなれば画像はきめ細かく美しくうつる。ただ、もともとの解像度が低い場合はきれいには見えない。ただ、そのような低解像度パネルも低解像度のコンテンツを使用するときはフルハイビジョンに比べてきれいに写る。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る