情報科学 の フリーオに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

フリーオ

読み方、または別称:ふりーお

フリーオ(Friio)とは、パソコン用の外付けデジタルチューナーである。2007年10月下旬に地上デジタルテレビ仕様、2008年4月上旬に衛星デジタルテレビ仕様が発売されているが、メーカー名は一切明かされていない。またさらには、2009年4月に地デジ仕様でExpressCard/34対応のフリーオExpressも発売。
この製品では、以前のB-CASカードの挿入スロットが廃止されている。現在は、2011年9月11日にスカパー!HDと地デジ対応のフリーオスカイ(Friio Sky)も販売されている。フリーオの最大の特徴は、復号された放送データ(MPEG-2 TS)をそのままパソコンのハードディスクに記録できることである。
フリーオはCCIの書き換えを行うことなくコピーワンスのまま記録できるため、非常に手軽で簡単にコピーができる。また、ARIB規定など、保存媒体への記録にはデータの再暗号化を施すことが定められているが、フリーオではこれも行うことなく、平文のMPEG-2 TSで記録することが可能である。
しかしこういった特徴があるために、日本国内での販売はされておらず、購入するには台湾に所在している業者から、公式サイトを通じて個人輸入する必要がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る