情報科学 の フリップフロップに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

フリップフロップ

読み方、または別称:ふりっぷふろっぷ

フリップフロップ(FlipFlop)とは、1ビットの情報を一時的に“0”または“1”にし、保持することができる倫理回路のことである。これらは二進法の基本であり、順序回路の基本要素にもなる。使われる場面によっては、レジスタ(Register)と呼ぶこともある。
コンピュータにおける主記憶装置や、キャッシュメモリなどを構成する時に用いられる回路の1つで、単なる組み合わせ倫理を実現するための回路としてでなく、入力の際に遅延した出力を入力側へフィードバックして情報の保持に用いるところを特徴としている。
フリップフロップの回路には、いくつかの種類があり、RS型はリセット(Reset)とセット(Set)の2入力の信号名に由来している。同時にRとSに入力がある場合、結果が不安定になる。JK型は、同時に2つの入力が可能である。
そうした場合、クロックごとに出力が反転する特徴を持つ。D型は、C(CLOCK)端子の立ち上がりエッジでD入力の値がQ出力として保持され、ロジックICにはプリセット、クリア端子が備わっているものもある。T型は、JK型のJ・Kをひとつにしたもの。
カウンタ、トグルフリップフロップとも言い、T端子の入力が1周期変化(High→Low→High)する度に出力が反転する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る