スキャナ の フィルムスキャナに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

フィルムスキャナ

読み方、または別称:ふぃるむすきゃな

フィルムスキャナとは、イメージスキャナのことで、通信や記録のために画像や文書をデジタル静止画像情報化するための機器である。OCRソフトウェアを利用し、画像情報を文字コード化する場合にも用いられる。構造としては、外光を遮断するための原稿台の下に透明なプラスチック製やガラス製の原稿台があり、反射型の場合は、原稿台側から光を当て、反射光を撮像素子で電気信号に変換し使う。
透過型の場合、原稿台カバーから光を当て、透過光を撮像素子で電気信号に変換する。 電気信号はアナログ-デジタル変換回路でデジタルデータ化する。さらに、論理回路で外部インタフェース信号に変換し、外部に送信する。
外部インタフェースは、かつてSCSIやパラレル接続が多かったが、現在はUSB接続がほとんどである。よって、バスパワー電源のみで稼働する機種が増えている。2000年代中盤まではCCDタイプが主流であったが、現在は一部高級機を除いてCISタイプのものに変わっている。
また、家庭用は小型化や低価格化と同時にプリンタと一体化しているものが主流になっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る