SCSI の ファイバーチャネルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ファイバーチャネル

読み方、または別称:ふぁいばーちゃねる

ファイバーチャネル(英語ではFibre Channel、略称は FC)とは、ギガビットクラスの巨大なネットワーク技術で、ストレージ・ネットワークで使用される。
FCは、当初はスーパーコンピュータの分野で使われていたが、後にストレージエリアネットワークでの標準規格となった。なお、FC ネットワーク上ではSCSI コマンドデータのやり取りが行われ、その上にトランスポート層のファイバーチャネル・プロトコル(FCP)が載る。
ファイバーチャネルの3つの主要なトポロジー(ネットワーク形態)の一つはポイント・ツー・ポイント (FC-P2P)で、2台のコンピュータが相互に接続されるが、これは一番単純なトポロジーである。二つ目は調停ループ (FC-AL)で、全てのコンピュータがループ状に接続されるが、コンピュータのひとつが故障するとループ全体の通信ができなくなる。三つ目はファブリック (FC-SW)で、全てのコンピュータを複数のファイバーチャネル・スイッチに接続する、イーサネット似たトポロジーである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る