構造 の ピクセルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ピクセル

読み方、または別称:ぴくせる

ピクセルとはコンピュータにおいて色や画面を構成する最小要素である。ドットと混同されやすいがドットは物理的なただの点である。Picture Elementまたは、Picture Cellからの造語である。コンピュータでは連続した値を扱えないため画面を量子化する必要がある。そこで生まれたのがピクセルである。
ピクセルのアスペクト比は、画像においての画面の縦と横の比を表すのと同様の意味で使われる。コンピューターディスプレイ上のピクセルのアスペクト比は正方形である。ピクセルの縦と横の比が同じではないときは補正が行われる。
大半のカラー画像のピクセルは三原色が与えられている。その組み合わせと与えられたビット数によって画像の色は決まる。例えば1ピクセルに1ビットしか与えられていない場合ピクセルが表現できる色は2色になってしまう。コンピュータは、1ピクセルに与えられる情報量によって呼び名が変わる。16ビットで表現する場合は「ハイカラー」、24ビットで表現する場合トゥルーカラーという。
コンピュータで物体の輪郭をぼやけさせるシャギーを消すため、アンチエイリアシングが行われる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る