情報科学 の ビット演算に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ビット演算

読み方、または別称:びっとえんざん

ビット演算(ビットえんざん)とは、二進数で表されるコンピュータの扱う最小単位の「ビット」を操作することである。ある値を0と1として、それらを法則に基づいて計算処理すること。プログラムの中でも重要な項目に当たる。
ビット演算は簡単な理論回路で実行でき、処理のスピードは加減算よりも少し速く、乗除算よりも高速である。C言語を覚えた当初ではなく、必要になってから学ぶ人が多い。代表的な演算方法に、AND演算(論理積)、OR演算(論理和)、XOR演算(排他的論理和)などといったものがある。
ビット単位ORは、入力されたふたつのビットのうち、どちらかひとつでも1であると結果が1になる。また、ビット単位ANDの場合では、入力されたふたつのビットに対し双方が 1 であれば 1、そうでなければ 0 といったような計算処理となる。
他のビット列への操作として、ビットシフトなどがある。これはビットごとへの操作ではなく、数値全体への操作に当たる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る