フォント の ビットマップフォントに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ビットマップフォント

読み方、または別称:びっとまっぷふぉんと

ビットマップフォント(bitmap font)とは、コンピュータ上で文字を表示するため点の集合体として設計されたフォントのこと。
ビットマップフォントは、ドットといわれる小さな正方形の点ですべての文字の形状を表現するフォントで、小さい文字だけならばデータ量が少ないことから高速で処理ができるため、WindowシステムがGUIになる前から、初期の頃のコンピュータやプリンタなどでは、ほとんどがビットマップフォントを使用していた。
ただし、ビットマップフォントはドットによって文字を形成しているため、拡大するとジャギというギザギザが目立つようになり、またフォントの種類によっては、あるサイズまでしか拡大できない場合がある。縮小についても、縮小すると文字の間がつぶれてしまって文字が判別できなくなってしまったり、形が崩れる問題がある。
そのため近年はApple社が開発したTrueTypeフォントなど、変形しても文字の形が崩れないアウトラインフォントに取って代わられている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る