資格 の ビジネス著作権検定に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ビジネス著作権検定

読み方、または別称:びじねすちょさくけんけんてい

ビジネス著作権検定とは、著作権の基礎知識と関連法規、そしてインターネットに関連する著作権や情報モラルに関しての知識を認定する資格試験である。
2004年から実施されている新しい資格試験であり、主催はサーティファイ著作権検定委員会。監修は一般社団法人知的財産教育協会が行っている。
ビジネス著作権検定は、著作物とはどのようなもので、何の権利なのか、そして著作権を侵害せず正しく著作物を利用するにはどうしたらいいのか、といったことから、仕事上だけでなく、日常でも必要な著作権についての知識等が問われる。
試験は初級と上級・スペシャリストの2種類があり、初級の試験は、著作権法の知識にビジネスと法、著作権法の周辺に関する知識、著作権関連条約が試験範囲となり、対して上級・スペシャリストの試験は、著作権法の知識に、ビジネスと法、著作権法の周辺に関する知識、著作権関連条約、著作権ビジネスが試験範囲となる。
初級と上級・スペシャリストでは試験時間等も異なり、初級は30問出題で制限時間は60分、上級・スペシャリストは40問出題で、制限時間は90分である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る